児童養護施設では18歳以上になるとその後どうなるのか

ども、こんにちはこんばんは!ミィナです。

 

以前、児童養護施設での生活について紹介させて頂きました。

www.rococoro.xyz

www.rococoro.xyz

www.rococoro.xyz

児童養護施設に入所している子どもの理由は、親の経済的理由や育児放棄(ネグレスト)・虐待・親の疾患など多岐にわたります。

 

18歳(高校卒業)になると、施設をでないといけません。

 

児童養護施設で育った子どもは、施設を退所する時に様々な問題に直面します。

 

今回は児童養護施設で育ち、18歳以上(高校卒業後)どうなるのかを紹介していきます。

 

それではスタート★

 

児童養護施設を出た後の進路

f:id:mi_monsto_baka:20190316175710j:plain

就職をする時に学歴が問われる現在の世の中。現在、一般の家庭で育った人の約8割程が大学への進学を決めています。

 

しかし、児童養護施設で育った子どものほとんどは大学へはいかず、就職への道を選択しています。本当は進学をしたいのだけど、就職への道を選ぶのです。

 

その背景には、大学へ行くには高額なお金がかかるため。

 

一般の家庭で育った人の場合、いざという時は頼る親がいます。仕送りなどもしてもらえる場合が多いでしょう。

 

ですが、児童養護施設で育った子どもは、頼る親がいないので、学費も生活費も全て自分で賄わなければいけません。

 

親のサポートもない、施設のサポートもない、制度もない状況で一人暮らしをしながら、進学するのはかなりリスキーな行為。

 

奨学金を貰っていても生活費は稼がないといけません。もちろん家賃も含めてすべての生活費です。そうなると、仕事と学業の両立が必須になります。

 

事実、生活費の支払いが困難になったり、単位不足で進級できない場合も多く、進学したものの中退する人が多いのが現状です。

 

万が一、何らかの事情で中退してしまった場合、負債だけが残るので、施設のケアワーカーさんも積極的には進学することを勧めません。

 

そうした背景から、世間とは真逆で、就職が8割、進学が2割となっています。

 

私と同時期に退所した人は全員が就職をしたので、進学がどれだけ難しいのかがわかります。

措置制度

基本的には施設は、18歳高校卒業するまでと決められていて、高校卒業と同時に施設をでないといけません。

 

なかには、高校を卒業しても自分で生活するには問題がある時、延長措置が認められる場合があります。

問題とは

・進学や就職先が見つかっていない

・進学や就職先は決まっているけど、一人で生活するには精神的に不安定である

・自立する力が身についていないと判断された場合。

・一人暮らしをする為のお金がほとんどない

といった場合、20歳まで施設にいる事が可能になります。ですが、そんな人は年に1人いるかいないか。

 

ほとんどの子どもが高校卒業と同時に施設を去ります。

施設を退所する場合の問題点

18歳で施設を退所すると、どのような問題点があるのかをご紹介します。

連帯保証人がいない為、アパートなどが借りにくい

f:id:mi_monsto_baka:20190316180752j:plain

18歳まで施設にいたという事は、つまり誰にも引き取られる事がなく、親にも頼る事が出来ないが為に18歳まで施設にいるという事になります。

 

中には途中で里親が決定し、施設を出る子や、今までは親が病気や経済的理由なで見れなかったけど、状況が改善して施設を出る人も結構います。

 

施設に入ったら入りっぱなしではないのです。

 

18歳まで施設にいたという事は、親が育てる事が出来なかった=誰にも頼る事が出来なくなる、ということになります。

 

そうなると、いざ一人暮らしをしようとしても、連帯保証人がいないのでアパートを借りる事もできません。施設によっては施設長が連帯保証人になるケースもあるそうです。

 

ですが、そんなケースはとても少なく、ほとんどの子が寮付きの仕事を探し、寮で暮らしながら仕事をする場合がほとんどです。

 

賃貸物件には保証人制度というものがあります。ですがこれは、一定の収入が無いと利用はできないので、高卒のまだ収入の無い人は利用ができないのです。

何のサポートもなくいきなり社会に放り出される

施設にいる間は、手厚い支援の中生活が出来て、一般の家庭よりもしかしたら恵まれた生活をしていたかもしれません。

 

しかし、施設を出ると当たり前ですが一切の支援がなくなります。現状では、施設で暮らしていたからといって何か制度があるわけでもありません。

 

ただでさえ新生活で不安がいっぱいなのに、誰にも頼る事ができず、相談相手もおらず、社会の厳しい荒波に放りだされるのです。

 

施設で生活していた人なら、施設のケアワーカーさんがとても忙しいのを知っています。次から次へと、新しい人が入所してくるので、退所した私たちが迷惑をかけてはいけないと考えるのです。

 

誰かに頼る事が出来る場合、仕事が自分に合っていないな・・・と感じたら転職すればいいだけの話です。仕事がなくなっても、いざという時は親の援助が受けれる場合もあるでしょう。

 

ですが施設退所者は、まず住むところの確保から入らないといけません。

 

その為、なかなか転職に踏み込めず、無理をして働く事になります。精神的にもまだ未熟な18歳。無理をして働くことによって病気になる人も少なくないのです。

トラブルになった時の後ろ盾がない

例えば病気などの理由で仕事が継続できなくなった場合、普通であれば家に戻って療養し、良くなってから仕事を再開する事ができます。また、犯罪などに巻き込まれてもバックアップしてくれる親がいます。

 

施設退所者は、こうしたトラブルになった場合、逃げ道がありません。

 

他の大人に頼る事も気が引けて悪いと感じてしまい、なかなか手を差し伸べる事はできないのです。

 

その結果、問題から逃げる事も出来ず、問題を抱えきれず自暴自棄になる人も少なくありません。

 

こうした後ろ盾がない状態で「自分ですべてやらなければならない」という一種の強迫感の中生活をすることになるのです。

 

施設で暮らしていた人は良く「大人びているね」と言われます。誰よりも早く自立を促され、世に放り出されるのだから、大人びないと生きていけません。

 

まさに弱肉強食の世界。弱かったら途端に社会の荒波に飲まれ、行き場を失ってしまうのです。

毒親を振り払う事が出来ない

施設にいる間は、施設が手厚く保護していてくれるので親が接近しようとしてもできません。

 

施設をでると手厚い保護がなくなります。その為、退所と同時に親が居場所を嗅ぎ付け、接触してくることも珍しくありません。

 

小さい頃から虐待などで、親から支配的に縛り付けられていた場合、18歳になってもその恐怖心は消えず残っています。

 

その為、親から金銭的要求を受け続けたり、暴言・暴力を受けても誰にも助けてもらえず、毒親の言いなりになってしまう人も一定数います。

 

大人になっても「毒親」の恐怖を振り払う事は難しいのです。

施設を出るとほとんど連絡を取り合う事はなくなる

ここまで読んできて不思議に思った方もいることでしょう。

 

施設内で切磋琢磨して生活してきた仲間とどうして連絡をとらないのか?と。

 

正確に言うと、連絡が取れないというのが正解です。

 

施設内では携帯電話を持つことは禁止されています。

 

そして施設を退所する時も、自分がどこに住むなどの情報の共有はなぜかしません。暗黙の了解で、教えあわないのが礼儀のような感じです。

 

施設に聞いても、居場所を明かしてくれる事はありません。

 

施設を退所した後、連絡が取れた人は一人です。それも最初から連絡先を知っていたわけではなく、たまたま偶然、知る事になったのです。

 

本当なら何か相談事があった場合、施設にいた仲間と相談できればいいのでしょうが、そうもいかないのが現実なのです。

最後に:いつかは制度が変わって安心して社会に出れる制度になってほしい

退所しても力強く生き抜いている人も沢山います。

 

私の場合、幸い姉と連絡が取れていたので、何かあれば相談相手になってもらえていました。

 

ただ一人で生き抜かなければならない事には変わりありません。

 

世間からは甘えと言われるかもしれませんが、施設を退所したからと支援を打ち切るのではなく、本当の自立ができるまでバックアップがあってもいいのではないかと感じる事が沢山ありました。

 

施設を退所する時のあの不安感は言いようがありません。

 

社会に出れるHAPPY!という感情よりも、社会にでる不安しかありませんでした。

 

「上手くやっていけるんだろうか?」

「きちんと毎日働くことはできるのだろうか?」

 

施設を退所するまで、毎日そんなことばかり考えていました。

 

施設の制度は少しづつですが変わってきています。

 

いつかは制度も変わり、18歳になったからと制度を打ち切りにして放り出す制度ではなく、施設を退所する時に、ダメになっても大丈夫なんだと安心できる制度になってくれればいいなと切に願います。

 

 

Sponsored Links
 

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

このブログがGOOD(σ´∀`)σと思われた方は読者登録をお願いします!!

 

ブログランキングに参加しています(*^ω^*)

応援してくれるとすごく喜びます!!


備忘録・雑記ランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつも最後までご覧いただきましてありがとうございます。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

ブロトピ:ブログを更新しました! ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ! ブロトピ:今日のブログ更新 ブロトピ:はてなブログの更新報告♪