【虐待被害者生の声】養護施設での生活は意外に楽しかった、お小遣い事情

今回で3回目となる【虐待被害者生の声】養護施設での生活は意外に楽しかった。

 

前回までの記事はこちら★

www.rococoro.xyz

www.rococoro.xyz

まだ読んでいらっしゃらない方は是非読んでみて下さい!

 

前回は、施設内外の旅行やイベントについて触れさせていただきました!

 

今回は生活に関するお金のことなどをご紹介していきます。

 

それではスタート★

 

目次

意外!?おこづかいだってあるし、おやつ代もある

私は高校を卒業するまで、滋賀県彦根市にある「さざなみ学園」という施設で生活をしていました。

 

学園では年齢に応じて決められたおこづかいが毎月もらえます。

(金額はいえませんが、そんな大金ではないです)

 

最初貰った時はすごく驚きました、貰っていいものなのかと。

 

使用用途は自由です、何に使っても何も言われません。

 

ただ施設は周りを山に囲まれた田舎町にあるので、買物できる建物がコンビニ位しかありません。

(現在はコンビニも潰れてなくなっています)

 

近くで買える物がないので、いつか来るその日の為に貯金している子がほとんどでした。

 

いつか来るその日とは何ぞや?それは後で書きます!

 

お金は自分で管理してもいいし、ケアワーカーに預けて管理してもらう事もできます。

 

施設といえど、他人が一緒に暮らしている空間。

 

日中は各部屋が出入り自由状態なので、大体の子がケアワーカーに管理してもらっていました。(お金じゃなくても盗難騒動は良く起こっていました)

 

そしてこれがもっと意外なのですが、毎日おやつ代として小さい額ですが支給されていました。

 

毎日おやつを買う子なんてそうはいません、実質おやつ代もお小遣い行きになります。

 

中高生のお小遣いの相場を調べてみたのですが、中学生は月3000円程、高校生は月に7000円ほどです。

 

そう考えると相場以上は貰っていたので、お小遣いに関してはすごく優遇されていたなぁと感じます。

 

※現在はどうなっているのかわからないので、金額はすべて伏せています。

お小遣いの使用用途、買い出しは外部通学の子と一緒に♬

お小遣いの使用用途ですが、施設からは基本的な日常品は支給される様になっています。

 

逆を返せば、基本的なもの以外は支給されないのです。

 

学校で使う鉛筆や消しゴム、ノートなどは出ますが、その他はでません。

 

自分の好きな筆箱や筆記用具類があれば、支給されているお小遣いから購入します。

 

また、シャンプーなど毎日使う消耗品も支給されます。

 

・・・されますが年頃の女の子は納得できないのです、支給品で洗うと髪の毛がバシバシに。

 

なので女の子は全員といっていいほど自分の好きなシャンプーをお小遣いから買って使っていました。

 

洗顔フォーム、ケア用品(化粧水など)、髪の毛のワックスなど、基本から外れているものは各自好きにお小遣いから購入します。

 

年間に「衣服代」として支給される額が決まっていて、その範囲内で好きな服を購入する事ができます。

 

だけど女の子だからねぇ、そんな金額内では当然収まるわけがない!

 

欲しい服の為に、毎月コツコツお小遣いを貯めて来たる時の備えるのです。

 

そう!バーゲン!!

 

施設から電車で2駅ほどの所に大きいショッピングセンターがあります。

 

そこに私のような外部通学の子が同伴になって、みんなでワイワイ買物に繰り出すのです。

 

内部通学の子は普段、電車に乗る事も、外に買物に行くこともなく、非常に怖いらしいので必ず一緒について行くのが暗黙のルールになっていました。

 

でもかえってそれがすごく楽しかった。

 

帰る頃には両手に荷物がいっぱいで、みんな電車の中でぐったりです。

 

こう聞くと施設の生活も悪くないな・・・と思いませんか?

高校生になるとバイトも自由にできるんです

内部通学、外部通学関係なく、高校に行くようになるとバイトができるようになります。

 

他県はどうかわからないですが、滋賀県の公立高校は大抵の所がアルバイト禁止です。

 

バイトするには理由を学校に提出して、承認してもらえないとバイトできません。

(隠れてしている人は大勢いますけどね・・・)

 

施設に入所していると、将来の自立の為にバイトに行こう!とケアワーカーさんに勧められます。

 

外部通学の子は、上記の理由から、積極的に学校に掛け合って許可をもらってくれます。

 

私の高校生活は、部活&アルバイトで大忙しでした。

 

高校を卒業して、施設を出たら嫌でも一人暮らしをしなければなりません。

 

その日の為に蓄えるのです。

 

門限は22時。(普段は19時です、アルバイトしていたら22時までのびます)

 

週に3~4回バイトに入っていたので、3年間で結構貯金できました。

 

そうして、バイトして働く力を養い、お金を貯めて施設を出ても困らないように「自立する力」というのを3年間で身につけて行くのです。

 

大変そうに聞こえますか?

 

でも実際は色々な経験ができるのでやってる本人はすごく楽しかったですよ!

(貯金はしないといけないですが、無理のない範囲内で好きな物が買えてましたしね)

 

一般の家庭でも少しでも自分のお小遣いぐらいは稼ごう、とか進学の為の費用の足しにと毎日頑張ってバイトしている子も大勢いるので、そんな子達と同じです♬

 

ただ少し住んでる環境が違うだけ、それだけです。

続きはあるかどうかはわかりませんが、とりあえず今回はここまで!

今回は施設で支給されるお金について紹介しました!

 

結構意外ではなかったですか?

 

小学生位から施設にいる子だと、危ないので外に買い物に出る許可が基本でません。

 

小学生はケアワーカーが同伴して買い物に行くのですが、頻繁に行ける事はないので勝手にお金が貯まるんですね。

 

中高生になったころ、結構お金持ちだった子は何人かいましたよ!

 

これも親と暮らせない寂しさゆえの代償・・・なんですかね。

 

中には虐待などが理由でなく入所している子どもの場合、長期休暇を利用して両親に色々買ってもらっている人もいました。

 

そういう子は正直羨ましかったです。

 

ただ、そのおかげでいらなくなった物を貰えたり、高額なゲームを貸してもらえていました。

 

羨ましがってもこればかりはどうしようもないですからね、開き直りです。

 

とりあえず、今回はここまで!

 

最初から3部作で作る予定出ったので、これ以降書く予定は今のところありませんが、機会があれば、「番外編」として掘り出していこうと思っています!

 

その時はどうぞよろしくお願いします!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

このブログがGOOD(σ´∀`)σと思われた方は読者登録をお願いします!!

 

ブログランキングに参加しています(*^ω^*)

応援してくれるとすごく喜びます!!


備忘録・雑記ランキング

いつも最後までご覧いただきましてありがとうございます。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブログを更新しました!

ブロトピ:はてなブログの更新報告♪

ブロトピ:ブログを更新しました。見て見て♪(ブロトピver.)

ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!