生協って安いの?生協利用者がお答えします。

ども、こんにちはこんばんは!ミィナです。

 

景気が回復したとは言え、家計の出費は出来るだけ減らしたい!そう考えている人は多いのではないでしょうか?

 

一番手っ取り早く節約できるものと言えば食費ですね。

 

食費を少しでも浮かせて他に使う、主婦のみなさんは毎日「いかにいいものを安く仕入れるか」という事と格闘されている事でしょう。

 

私もそんな闘う主婦の一人。

 

今回は、スーパーVS生協でどちらがお得で安いのかを検証していきます!

 

メリット・デメリットも載せてますので参考にしてみてください!

 

それではスタート★

 

目次

生協のシステム

生協を利用したことが無い人もいるので、まずは生協の仕組みを紹介します。

 

仕組みをご存知の方は、「スーパーと生協どちらがお得なの?」まで飛ばしてください。

生協ってそもそもどうやって加入するの?

生協は全国生活協同組合連合会が大元になって、全国各地のエリアごとに担当の生活協同組合が存在します。

 

我が家の場合は、京都府生活協同組合連合会になります。

 

加入方法は沢山あります!

その1:近所の人が生協を利用していたら、その方にお願いする

ご近所で生協をしている人、または会社で生協をしている人が恐らくいるはずです。

 

その方に紹介してもらう方法で加入する事が可能です。

 

その場合は紹介した側、された側にそれぞれ特典があるのでお得感が増します。

 

ちなみに私は紹介で生協に加入しました!

その2:配送中の配送担当の人を呼び止めて加入する

生協

街中でこのようなトラックを見たことはないでしょうか?

 

「配送中に呼び止めるなんて、非常識だわ」と思われた方も多い事でしょう。

 

ですが、実際配送担当の方に聞くと、意外と配送中に声をかけられて加入してもらえるパターンがとても多いんだとか。

 

配送中に加入者を獲得できると、それがボーナスに反映される事もあるらしいので、積極的に話しかけてOKみたいですよ!

その3:インターネットや電話で加入申し込みをする

生協にはもちろんHPが存在し、そこから申し込む事も可能です。

 

また、住んでいる担当エリアの営業所に直接電話をして加入することもできます。

 

インターネットで申し込む場合はこちら★

www.coop-takuhai.jp

加入から商品到着まで

生協

加入には、出資金を出して申し込む形になります。出資金は生協を辞められる時に返ってくる仕組みになっているので安心してください。

 

手続きが完了すると、自宅、もしくは会社にカタログを担当の方が持ってきてくれます。

 

生協は商品の到着が1週間後です。

 

生協には、集団(会社やご近所同士)で届けてもらう方法と、自宅や指定場所に届けてもうら個配方法があります。

 

集団の場合は配送料がかからないですが、個配の場合は配送料がかかります。(平均200円程)

 

個配の場合でも、子育て世帯は割引制度や配送料が無料になる事があります。

スーパーと生協、どちらの方がお得なの?

ここからは生協とスーパーどちらがお得なのか、どちらがお財布に優しいのかを検証していきます。

 

ネットで検索すると「生協って高い」という声がたくさん見受けられますが、本当にそうなのか、スーパーでよく買われるもので比較してみましょう。

野菜

生協の野菜は農協と繋がっているのでとても新鮮でおいしい野菜が届きます。

キャベツとおくら

しいたけ

比較しやすい野菜で比較してみると、時期にもよりますが値段はこんな感じです。

 

想像より安くないですか?スーパーと同じ位か、若干安いですよね!

お肉・お魚

肉

魚類

お肉やお魚は一見、とても高いように見えます。ですが、グラムに直すと同じ位かもしくは少し安い位です。

どれも国産で、牛肉は100g:195円、豚肉は100g:175円、鶏モモ肉は100g:115円です。

 

国産でこの料金はかなりお得です。

 

お魚も一匹あたりで計算するとスーパーとそんなに変わらないことがわかります。

牛乳・たまご・豆腐など

牛乳

たまご

はっきり言って牛乳とたまごはスーパーより高いです。これはスーパーで買う方が安いものがあります。

豆腐

生協の豆腐は種類も多く、使いきりやすい大きさのものが多いです。値段もそこまで高くありません。

 

納豆も標準がこのくらいの値段で、特売になると更に安くなることがあります。

 

どうでしょうか?意外と安くないですか?

 

一見高そうに見えても、生協の商品はそもそも入っている量が多いのでどうしても高く見えてしますのです。

 

ですが、グラムや一つ単位で考えるとスーパーより安い場合があります。

生協のメリット・デメリット

ここからは生協のメリット・デメリットを利用者目線からお答えしていきます。

 

メリット

・品数が豊富にある

・買い物にいく手間が省ける

・レジに並ばなくてもいい

・重い荷物を持たなくてもいい

・留守でも鍵付きのBOXに入れて置いておいてくれる

・高齢者や子育て世帯には割引サービスが存在する

生協は毎週3冊ほどのカタログが届きます。その品数は多い時で4000種類ほどに!

 

生協オリジナル商品も沢山あり、お得にお買い物が出来ますよ!

 

お買い物に行ったら、何が大変って荷物の重さですよね。お酒や調味料を買うとそれだけで移動が大変になります。

 

生協はそんな負担を軽減してくれて、買いに行く手間も省けるので時間を有効活用する事ができます。

 

割引サービスですが、子育て世帯の場合

このような割引サービスがあります。

 

また高齢者や障害があるかたの場合は

このような割引サービスが存在します。

 

これは私が利用している京都生協の場合です、地域によって若干異なるので、詳しい情報はお近くの生協まで尋ねてみてください!

 

デメリット

・欲しい時に商品が届かない

・品数が多い分誘惑も多い

生協は注文してから一週間後に届くシステムの為、「あ!足りない!」と思っても商品が届かないことですね。

 

また、品数が多いのがメリットでもありますが、その分誘惑が多いのも事実です。

 

地域の特産品フェアや日用品フェアなどのイベントが多く、ついつい買ってしまうのです。

 

月末の請求を見てびっくり仰天!!なんてこともたまにあります。

 

私はつられないように、極力必要な所以外は見ないように心がけています。

結論:生協とスーパーの料金はそんなに変わらない。ケースバイケースで利用するのがGOOD!

生協は生鮮食品が冷凍されているのが多い為、賞味期限が長いのが特徴です。

 

うっかり腐らせてしまった!という事もほとんどなくなります。

 

私の場合は、野菜・お肉・お魚・お酒は生協で注文して、日用品や調味料はスーパーやドラックストアで買うように使いわけています。

 

スーパーで買うと、保存の為に切り分けてパックに詰めてという手間がかかりますが、生協の場合そういった手間が省けるのもいいところです。

 

実際家計はどうなったのかと言うと、生協を利用する前は2人で4万~5万(お酒代込み・日用品込み)だったのが、使い分ける事によって今は3万~3万5千円以内に必ず収まっています。

 

なので結論としては、賢く使いわけるのが一番だと感じます。

 

 

まだご利用されていない方、この機会に一度生協使ってみませんか?

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

このブログがGOOD(σ´∀`)σと思われた方は読者登録をお願いします!!

 

ブログランキングに参加しています(*^ω^*)

応援してくれるとすごく喜びます!!


備忘録・雑記ランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつも最後までご覧いただきましてありがとうございます。