【在宅ワーク】中古せどりの仕事をして騙された経験をここに書く(クラウドソーシング注意喚起)

今回は私が在宅ワークを初めて、1番最初に経験した中古せどりの仕事について書いていく。

 

クラウドソーシングは、自宅で気軽に始めれる仕事のひとつだ。

 

だが、その気軽さ故に悪質な発注者も多く存在する。

 

クラウドソーシングを使う時の注意喚起も込めて書いていこうと思う。

 

それではスタート☆

 

目次

条件に合ういい仕事を見つけたと最初は思った

私は家電が好きだ、プチオタクと言っていいくらい家電が好きだ。

 

某家電量販店で働いていた経験を生かせる仕事を、クラウドソーシング上で探していた。

 

その中で出会ったのが中古せどり

 

中古せどりとは、中古商品を安く仕入れ、メンテナンスをし、仕入れ値より高く売る仕事だ。

 

簡単にいえばメルカリやラクマ

 

中古せどりの中でも見つけたのは、家電せどりの募集であった。

 

募集内容はこうだ。

中古家電売買のインターネット店舗運営スタッフ募集!

仕入れ、販売、ピックアップリストなどの作業をお手伝いして頂きます。

パソコンが使えて、家電が少しでも好きなら大歓迎。

頑張り次第で月10万以上報酬可能。

・・・というような募集だった。

 

自分が探している条件に合っている。

 

発注者情報を見ても、昔から登録されていて評価も高い。

 

ここなら安心だと思い応募をした。

仕事がスタート!中古せどりは流れさえつかめれば出来る仕事

無事にテストにも合格し、仕事がスタートした。

 

販売する所はAmazon

 

AmazonにはASINと呼ばれるコードが存在する。

f:id:mi_monsto_baka:20190219155306j:plain

流れとしてはこうだ。

f:id:mi_monsto_baka:20190219160337p:plain

そんな流れだ。

 

家電は移ろいが早い。

 

リスト作成も大事な仕事だ。

 

膨大な数の家電の中からヒットしそうな物を選別し、モノレートというものを見て売れそうなものを見分ける。

モノレート

モノレート

出典:モノレートより

この作業だけで一日費やす事もざらにあった。

 

モノレートの見方は家電量販店で学んでいたので苦ではなかった。

 

パソコン操作も得意だった。

 

最初は覚えるのに時間がかかったが、1週間もすれば発注者の希望に合う商品を落札出来るようになっていた。

 

最初の約束で、リスト作成とは別に、販売出来たら利益の10%を報酬に貰う約束になっていた。

 

リスト作成は一件につき10円。

 

他の案件と比べると報酬は悪くないなと最初は感じた。

仕事を進めていくと違和感を感じるようになった

実際に仕事が始まると、発注者がおかしな事を言い出した。

 

掘り下げて聞いていくと、家電せどりは始めたばかりでまだ土台も何も出来ていない状態だと言う。

 

ここで嫌な空気が流れ出す。

 

「家電せどりの初期メンバーとして土台を固めていってほしい」

「これから入ってくる人の指導役になってほしい」

 

聞いている話と全く違うのである。

 

ある程度物流が整っていると聞いていたのに、全く未完成の状態だったのだ。

 

私もそこで手を引けば良かった。

 

しかし、聞いてる報酬の高さと、他に探す面倒くささからついつい引き受けてしまったのだ。

 

そこからは地獄だった。

 

毎日朝から晩までパソコンとにらめっこする日々が始まった。

 

商品を探し、落札し、倉庫に送る。

 

空いた時間にリストを整える。

 

そんな事を3ヶ月ほど続けていた。

発注者がとんずら!!今までの作業が完全に無駄になった

ある程度、商品も売れだしてきて流れが出来てきた。

 

利益もそこそこ上がってきて、いざ報酬の話をしだした時だ。

 

発注者となかなか連絡が取れなくなってきたのだ。

 

この3ヶ月間、1度たりとも報酬が支払われた事がなく不信感を募らせていた。

 

その時で純利益として70万ほどは出していた。

 

利益の10%だから70,000円ほどは貰える計算になる。

 

さらにリストもこの期間に3,000件ほどはリストアップした。

 

3,000×10円=30,000円の報酬になる。

 

合計すると100,000円以上は報酬を貰えないとおかしい。

 

しかし、その話になると途端に話を濁し出すのだ。

 

これはフラグだと感じた。

 

ここで私は相手の本名、住所、電話番号を知っている事を逆手に相手を揺さぶってみた。

(発送手続きの時に自然と知ることになった)

 

相手が観念したかのように、報酬代金として請求書を発行してきた。

 

額面はたったの6,000円ほどだった。

 

金額を見て愕然とした。

 

どういう事なのかと聞くと、今払えるのはそれだけしかないと答える。

 

来月払うからと言われたので、猶予として1ヶ月待った。

 

それから1ヶ月、もちろん仕事をする訳もなく、報酬が支払われるのを待ってみた。

 

しかし、待てど暮らせど全く連絡がない。

 

こちらからアクションを起こしても全く反応がない。

 

そう、逃げられたのである。

 

その後、連絡が来ることもなくその仕事は強制終了した。

確認不足だった私にも非はある、しかし騙す方がもっと悪い

私にも非は十分ある。

 

最初の契約で書面で契約を取りかわさなかったのがそもそもの間違いだったのだ。

 

全てが口頭約束であった。

 

これも在宅ワークに慣れていない無知さからの過ちだ。

 

クラウドソーシング上にはこうした怪しい案件がかなりの数存在する。

 

案件を見た時に一番最初に発注者情報を見てから応募するようにしている。

 

登録自体が新しい場合や、本人確認が取れてない場合は怪しいと思った方が良い。

 

今回の場合は、本人確認も取れていて評価も高かったので安心してしまったのだ。

 

今から思えば、人を騙すために自演したのでは・・・とも感じ取れる対応だった。

最後に:クラウドソーシングを利用する場合は怪しい案件にご注意を・・・

私は最後の抵抗として、おおもとのクラウドソーシングに違反警告をだした。

 

後は泣き寝入りである。

 

書面で何も締結していないので、証拠がないのである。

 

ただ、これを機会にいい勉強にはなった。

 

次から受ける案件は十分に吟味し、書面で契約が出来ない所はすべて断っている。

 

今のところ、報酬が支払われなかった事は一度もない。

 

クラウドソーシングを利用する場合は、中には私が書いたような悪どい発注者もいる。

 

それで損をするのは自分である。

 

クラウドソーシングは気軽にできる分、リスクもそれなりに大きい。

こういった人はかなり危険だ。

 

時間を無駄に過ごさない為にも、私みたいに騙される人が出ないようにと思い書いた。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

このブログがGOOD(σ´∀`)σと思われた方は読者登録をお願いします!!

 

ブログランキングに参加しています(*^ω^*)

応援してくれるとすごく喜びます!!


備忘録・雑記ランキング

いつも最後までご覧いただきましてありがとうございます。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブログを更新しました!

ブロトピ:はてなブログの更新報告♪

ブロトピ:ブログを更新しました。見て見て♪(ブロトピver.)

ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!