こどもは親を選んで生まれてくる・・・わけがないと思う件

ども、こんにちはこんばんは、ミィナです。

 

某テレビ番組で「こどもは親を選んで生まれてくる」という事を題材にした放送があり少しだけ見ました。

 

正直反吐が出ました。あまりにも反吐がでるので途中で見るのをやめました。

 

それと同時に「こどもは親を選んで生まれてくる」という考えは日本ならではの思考だなと改めて思ったのです。

 

今回はそんなお話。それではスタート★

 

平和主義思想の日本ならでは考え

私が反吐した番組は池川明さん著書の「こどもは親を選んで生まれてくる」を題材に構成されている番組でした。

 

本もじっくりとは読んでいないですが、通し読みをしました。

 

本によると、こどもには胎児記憶があり、生まれてきてそれを母親に伝える為に親を選んで生まれてくるんだ・・・というような内容が書かれていました。

 

本には胎児記憶に関する様々なエピソードが載せられています。

 

ただ番組も本も見ていて感じたのが「胎児記憶を持っているからといって親を選んでいるとは言えないじゃん」これが素直な感想でした。

 

前世からの記憶も引き継いでいて、その記憶を親に伝えるため・・・とも書かれていましたが、ならその役割を終えたらその親でいる意味なくね?ってなったんです。

 

現代の日本は戦争も起きない、他国に比べて犯罪発生率も低い平和主義思想の国だからこそ生まれる発想だなと正直思いました。

その思想、新興宗教のたぐいですか?

番組や本では、やたらと「胎内記憶が~」「前世の記憶が~」を繰り返し唱えていました。

 

まるでその記憶が人生の全て!と表現されていて、記憶がある事がまるで神から授かった大切なもの、といっているようなもんでした。

 

私の家はどちらかといえば熱心な宗教家でした。でも宗教活動をココロの中ではすごくイヤイヤでやっていたので、トラウマになり今でも尾を引いて宗教を毛嫌いしているし、神様がいるなんてこれっぽっちも思ったことがありません。

 

だからなのか前世なんてものも信じないし、前世記憶があったとしてもそれをご丁寧に親に伝えるために生まれるなんて思想にも同調出来ないのです。

 

前世の記憶を親に伝えて一体何が変わるというのでしょう?その記憶を聞いた親の人間性が突然変化するとでもいうのでしょうか?

 

だいたいの親は小さいこどもの意見や考えなんて、日々の忙しさに忙殺されて真剣に聞いてる事なんてほとんどないんではないでしょうか?

 

影響力の大きいテレビで取り上げる事によって、信じる人は信じます。人間は大衆の意見に影響されやすく出来ているのだから、それが正しいか正しくないかではなく、話が美談であればあるほど信じるのです。

 

一種の洗脳です。なので、番組を見た時に新興宗教のたぐいかこれは、と感じたのです。

貧困国や戦争が起きている国、不妊の人、虐待された人にも面と向かっていえるのか

最初に日本ならでは思想だと言いました。

 

日本は戦争も起きず、ある程度の貧困も抑えられ、犯罪発生率も低く平和な国です。

 

他国からすると脳内お花畑な所も正直あるでしょう。

 

私は虐待被害者です。正直今の親を選んで生まれてきたなんて絶対思いたくないし、たまたまだったとしても全力でお断りしたいぐらいです。

 

この世には食べ物もなく飢餓に苦しみ、この瞬間にも亡くなっている命がたくさんあります。

 

自分は決して悪くないのに、国同士や内乱に巻き込まれて亡くなる人もたくさんいます。

 

人間生まれてきたら、毎日ご飯を食べれて、温かい布団で寝て、安心して暮らせる方が幸せですよね。

 

恵まれない環境にいる人がたくさんいるのに、そんな人に向かって宗教じみた事を果たして面と向かっていえるのでしょうか?

 

国内でも、不妊でこどもに恵まれない人もいれば、虐待で苦しみ続けている人だっている。

 

どこかのブログ記事で不妊の人に向けて「今回は二人の余生を楽しんだらいいよ」というメッセージが書かれていて、言葉を見た瞬間本当に腹が立ちました。

 

そう思うのは不妊経験がない人が発する軽々しすぎる言葉で、単なる逃げです。

 

逆に言い換えれば「こどもに選ばれなかった親」という悲しい結末になります。

 

私は虐待被害者と同時に不妊症でもあります。だから余計に腹がたって仕方がないのです。

 

「こどもは親を選んで生まれてくる」

 

頭の中でそう考えるのは自由でしょう。スピリチュアルが流行っているので、そんな類の事をいえばヒットするのも承知の上です。

 

ですがすごくシビアな問題を、いとも簡単に世に放出する日本。やっぱり日本は平和な国だなと感じました。

こどもは親を選べないと信じている方が幸せだ

最近ニュースになった1歳のこどもが虐待され亡くなったケース。少し前にニュースなった10歳のこどもが虐待され亡くなったケース。公に出ていないだけで、実際虐待され苦しんでいる子どもがたくさんいます。

 

「こどもは親を選んで生まれてくる」と言うなら、生まれて虐待され亡くなる為に生まれてきたんでしょうか?虐待され苦しむ為に生まれていたのでしょうか?

 

そんな訳はありません。たまたま偶然その親に生まれ、その親が最悪で虐待されて苦しみ亡くなったのです。

 

最悪な親の元に生まれなければ、もっと別の人生が待っていたはずです。

 

前世、または胎児記憶を持っていたから親を選んで生まれてきたと記されてますが、前世の記憶があるのもたまたまだし、胎児記憶が残っているのもたまたまです。

 

人間は時に想像を遥かに超える能力を発揮する事があります。

 

実在するのかはわかりませんが、ドラマ「HEROES」のように超能力を使いこなせるような人が本当にいるかもしれません。不思議な力を持っている人というのは実際にいるのでしょう。

もし超能力や前世の記憶など普通の人には無い能力があったとしても、それはたまたま自分の身に起こったことです。

 

たまたまの出来事を「こどもは親を選んでうまれてくる」に結びつけるのはあまりにも乱暴すぎると感じます。

 

「親に何かを伝えるため」に生まれてくる、その使命も大事なのかも知れませんが、そんな事より自分の人生の方がもっと大事です。

 

「親に何かを伝えるため」のような使命感の為に酷い親の元に生まれたくありませんよ。

 

たまたま生まれてきた所が現在の親の所だったと考えれば色んな事に合点がいきます。

 

その方が圧倒的に幸せです。

 

少し感情的になって所どころ言葉が乱暴になっていますが、率直な意見を言いたくてそのまま表現しました。

 

 

Sponsored Links
?

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

このブログがGOOD(σ´∀`)σと思われた方は読者登録をお願いします!!

ブログランキングに参加しています(*^ω^*)

応援してくれるとすごく喜びます!!


備忘録・雑記ランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつも最後までご覧いただきましてありがとうございます。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

ブロトピ:ブログを更新しました! ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ! ブロトピ:今日のブログ更新 ブロトピ:はてなブログの更新報告♪