キラキラネームを付ける親は子どもに虐待しているのと同じなんじゃないか?

ども、こんにちはこんばんは!ミィナです。

 

赤池肇さんが、親に名付けられたキラキラネームを改名できた事で、今世間の話題になっています。

headlines.yahoo.co.jp

元の名前は「赤池王子様」。

 

名前に「様」が付いているから、郵便で届く荷物などは全て「赤池王子様様」。

 

完全にキラキラネームですよね?改名できて本当に良かったなと、コメント欄でも祝福の声で溢れています。

 

本人のTwitter

本人が「キラキラネームの十字架を背負った」と言っているように、「王子様」という名前であることに苦痛しかなかったわけです。

 

今回はこのキラキラネームが、なぜ虐待だと思うのか、なぜキラキラネームがダメなのかを書いていきます。

 

それではスタート★

 

目次

児童虐待の定義

児童虐待とは子どもに意図的に身体的・精神的苦痛を与える行為の事をいいます。

 

親が「虐待などしていない」といくら言ったところで、子どもが身体的・精神的に苦痛を訴えているのであれば、立派な虐待行為にあたります。

 

件の赤池肇さんは、「キラキラの十字架」と表現している事から、生まれた時から精神的苦痛を背負っているという事です。

 

赤池肇さんの周りには幸い、良いお友達が多かったのでいじめなどはされなかったそうですが、世の中にはキラキラネームのせいで、からかいやいじめなどが発生しています。

 

本人には問題がないのに、名前だけのせいで世間から日常的に「精神的苦痛」を与えられているのです。

 

親が直接手を加えていなくても、名前が原因で精神的苦痛を感じているのであれば立派な虐待です。

キラキラネームを付けた親の逆ギレ反論

過去に同じようにキラキラネームを付けられて世間を騒がせた名前があります。

 

人気キャラクターの「ピカチュー」を連想させる名前、「矢澤光宙(ぴかちゅう)君」です。

 

その親が世間に「なぜこの名前がダメなんだ!?」と逆ギレを起こしています。

DQNネームとして騒がれている光宙(ピカチュー)の親です。私と妻で頭を捻り一生懸命考えた名前です。


一体何が問題なのか全くわかりません。子供も特に不自由なく育っております!

 

何が問題なのか文句のある人は教えてくれませんか?

 

名前にはそれぞれ親の思いがあるものですし、一番その子が輝けるようにと特別な名前をつけてやりたいものです。それがまさかこんなにも悪意を持って世に晒されるとは思いもしませんでした。

 

ですが親の私たちが堂々としていれば子供も恥ずかしいことはありません。胸を張って世界でただ一つの名前に誇りを持って生きて欲しいといつも語りかけています。


子供も自分の名前を恥じることなく嬉しそうに「矢澤ピカチューです!!」と元気良く自己紹介しています。

 

はたしてこれでも子供が不幸だといえるでしょうか?自分の狭い価値観だけでとやかく文句を言う人たちにはもっと広い視野を持って欲しいものですね!!

引用:Yahoo!知恵袋より

これを矢澤ピカチュウ君の親が書いたのかどうかは真相は闇の中です。

 

言っている事はまともそうですが、いわゆる「両親のエゴ」というやつです。

 

小さいうちは名前の意味など解らないからいい、小学生以降になるとそうもいきません。就職機になると更に悲惨な事になります。

 

この質問に対して、お一人至極まっとうなことで返信されています。

お子さんはまだ小さいんでしょうか?


たとえば受験や就職時にあなただったらは「ピカチューです」と胸を張っていえますか?名刺を堂々と渡せますか?


同じ能力、同じような印象で普通の名前の人とピカチュー君やリザードンさんが面接にきたら、私が面接官だったら普通の名前のひとを取ります。名門や大手では書類審査で落とすところもあるでしょう。


辛口になりますが人の名前にそんなものを付けた親が育てた子って…と思うからです。本人がいい人だったとしてもです。


特別な名前で大いに結構ですが、この名前のせいで無くなった将来の可能性はかなりあると思いますよ。

 

恋愛したとしても、私がピカチューだったら絶対相手に下の名前を呼ばせませんね。


いいムードになって「ピカチュウ…」とか呼ばれた日には笑っていいんだか悲しいんだかで涙が出ます。


釣りじゃないのなら、読みだけは簡単に変えられるようですからミツヒロ君あたりに変えてあげた方がお子さんのためです。

引用:Yahoo!知恵袋より

親が良くても、子どもの人生を考えた場合、キラキラネームはつけない方がいいんだという事がわかりますよね。

 

会社の人事担当の方の話ですが、書類を見た時にキラキラネームだった場合、どんなに学歴がよくても書類審査で落とすといっていました。

 

理由を伺うと、キラキラネーム=そんな名前をつけた常識はずれな親に育てられた=本人も常識がないのでは?と勝手に連想してしまうからだそうです。

 

本人が「いや、常識はあるんです!」と訴えたくても、書類で落とされるのだから訴えたくても訴えられません。

 

キラキラネームが原因ではないという声もありますが、小さい頃から名前のせいで周囲からからかわれ、コンプレックスになり、社交的になれないなどの原因にもなっています。

林修先生がとても分かりやすくキラキラネームがダメな理由を説明

2017年にTBS系で放送された「林先生が驚く初耳学」林修先生が、キラキラネームについて言及されています。

 

林先生の言及まとめ

20年ぐらい前にまだ『キラキラネーム』という言葉が使われていなかった時に、テストを行なって順位を出したんです。途中までずっと読めたのに、途中から突然読めなくなってきて。

 

今年の東大合格者の名前を名簿で出してプロデューサーと見ていたのですが、プロデューサーが言った一言が「全員名前読めますね」

 

テストの点数と、名前が読める、読めないには、ある程度の相関性はある。

 

先に言っておきますが、本人には全く責任はないという事です。

 

固有名詞という意味を考えていない親がいらっしゃるのではないのかなと 。

 

固有名詞は意味を持たないんです。固有名詞は、あるひとつのものを特定して指示する機能があるんです。とすると、ぱっと見た時に誰と特定できない、指示ができないような名前を付けることが、固有名詞本来のあり方に即しているのかと。

 

大リーグで大活躍するイチロー選手の本名は「鈴木一朗」とありふれた名前ですよね。名前が普通でもあれだけ活躍されています。   個性が大事だというけど、名前で個性を表現しなくてもいいんじゃないかと思うのです。

引用:林先生が驚く初耳学より

キラキラネームを付ける親には、それぞれの思いがあってつけているのだろうけど、聞くと「個性がでるように」と答える人がとても多いんだとか。

 

林先生のこの説明をきいて合点がいきませんか?

 

また、医療現場からもキラキラネームな為に混乱が起きていることを放送内でアピール。

 

就職活動に不利になるだけでなく、キラキラネームなだけで世間にも迷惑をかけているのです。

 

愛する我が子にそんな十字架を背負わせるなんて、虐待そのものですよ!

最後に:子どもは親のペットではなく、一人の人間なのです。

改名は本人がやろうと思った場合、15歳以上にならないとできません。15歳未満だと法定代理人(親族など)が代わりにしないとできないのです。

 

良しと思い付けられた名前を親が変えてくれる訳がありませよね。

 

だから嫌でもつけられた本人は15歳になるまで、おかしな名前で耐えなければなりません。15年間ですよ!

 

15年も精神的苦痛を強いられる子どもの事を考えてみてください、仮にもし自分がその名前だったら15年間も苦痛に耐えられますか?

 

子どもは親のペットではないのです、一人の人間です。

 

変な親のエゴから、子どもの将来はおろか、人格まで変えてしまう可能性だってある。

 

そうならない為にも、流行っているからとつけるのでなく、その子の将来の姿も想像して慎重につけるべきなのです。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

このブログがGOOD(σ´∀`)σと思われた方は読者登録をお願いします!!

 

ブログランキングに参加しています(*^ω^*)

応援してくれるとすごく喜びます!!


備忘録・雑記ランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつも最後までご覧いただきましてありがとうございます。