新築一戸建てを建て、住み出してからこれは良いと感じたところ

前回、「新築一戸建てを建て、住み出してから後悔した事」という内容をUPさせていただきました。

www.rococoro.xyz

 

今回は逆に住んでみて良かったところ、満足しているところをずらずらっと紹介していきます。

 

これからお家づくりをされる方、また現在完成する前の方の参考になれば嬉しいです。

 

それではスタート★

 

目次

必要な分を必要な分だけ

我が家の間取りは4LDKで、建坪は34坪。

 

平均的な大きさの家です。

 

以前に建っていた旧家は建坪が90坪もあるバカでかい家でした。

 

そのままの規模で建てていたら建築費が3700万。(家本体だけで)

 

現在子どもはいませんが、希望は2人までです。

 

正直そんなに大きな建物は必要ありませんでした。

 

2廻り程小さく設計することで、費用も抑えられ、カーポートの場所も十分確保でき、広い庭を手に入れる事ができました。

 

大きければいいということはない、必要な分だけでいいのです。

サンルームは日本海側の家には必須!!

我が家には外で洗濯を干せるスペースの他に、家の中にも専用で干せる場所を作っています。

f:id:mi_monsto_baka:20190216203455j:plain

冬の日本海側は晴れの日が極端に少なく、天気の悪い日ばかりです。

 

朝に天気が良くても、数時間後には雨or雪が降る事が多いのでサンルームがついている家は多いです。

 

室内干しにすると匂いが気になりますが

コロナ 衣類乾燥除湿機 除湿量6.3L(木造7畳・鉄筋14畳まで) 10年交換不要フィルター搭載 ホワイト CD-P63A(W)

コロナ 衣類乾燥除湿機 除湿量6.3L(木造7畳・鉄筋14畳まで) 10年交換不要フィルター搭載 ホワイト CD-P63A(W)

このような衣類乾燥除湿機を置くことで、ジメジメせず洗濯物も早く乾かすことができます。

 

仕事などでなかなか外に干せない人でも、サンルームがあれば取り込む必要がないのですごく便利です。

洗う所が広めのお風呂

一戸建ての平均的なお風呂の大きさは「1616」「1620」サイズです。

 

サイズ表記の詳しい説明はこちらのサイトをご覧ください。

www.smart-daisuke15.com

 

我が家の場合、将来設計で必ず犬を飼う事、そして老後の事を考え洗い場は広い方がいいなという話になりました。

 

そして二人とも大のお風呂好き。

 

入るなら足が伸ばせる浴槽を希望しました。

 

他の所を妥協してもお風呂だけは妥協できませんでした。

 

結果サイズは「1624」サイズに。

f:id:mi_monsto_baka:20190216210048j:plain

洗う所が1.5坪あります。

 

家に来る人来る人が必ず「デカ!!」といいます。

 

実際使ってみると、足もゆったり伸ばせるし洗う所も広く言う事なしです。

 

掃除もいうほど苦にはなりません。

生活を意識した動線づくり

家を設計して頂く際に一番重要視した点は生活したときの動線でした。

 

特に料理・洗濯・掃除の時に極力苦にならないような家づくりを目指しました。

 

料理は出来てすぐ出せるように、片付けが楽になるように。

 

洗濯は干して移動せずすぐに干せるように。

 

掃除は掃除機のコンセントの位置に困らなくていいように、掃除がしやすいように。

 

実際に住んでいる事を想定してひとつひとつ組み立てていきました。

キャビネット

これはキッチンの後ろにあるパントリーです。

 

キャビネットを置かれる方も多いかと思うのですが、空間を有効活用できるように大工さんに特注でパントリーを作っていただきました。

 

高さも自分で調整可能になっているので、収納したい物に合わせて変化させれます。

 

電子レンジなどの小物家電だけでなく、食材や食器などをまとめて収納できとても便利です。

オール電化住宅

私の住んでいる所は都市ガスが来ていなくて、プロパンガスでした。

 

プロパンガスってとても高いんです。

 

二人暮らしなのに、冬になると水道光熱費が軽く2万を超えていました。

 

ですがオール電化にしてからは、どれだけ高くても13000円程。

 

この差は大きいです。

 

必要なエネルギーを一本化することで、それぞれにかかる基本使用料も抑えられます。

 

火やガスを使わないので家事になる原因が極端に減り、災害が起きても慌てて消す必要もなくなるので安心です。

 

キッチンもIHなのでお手入れもすごく楽。

 

停電などした時用に予備電源を用意しとかなければいけないなどはありますが、今のところとても家計にやさしくなっています。

 

ただ、どうしても料理はガス火でないと・・・という人もいるかと思います。

 

それに都市部(都市ガスが来ているところ)だと、オール電化にしても分けても実はそんなに光熱費が変わらないという調査もあります。

 

なので、一概にオール電化が良いとは言えませんが我が家の場合はオール電化が合っています。

 

生活スタイルに合わせて賢く選ぶのが良いでしょう。

 

公共料金について詳しく説明されているサイトがあったのでリンクを貼り付けておきます

xn--o9j2jbpdd3oe0ff3622gs0tai90g7wvectb.com

最後に:大工さんと仲良くなって細かい要望にも応えてもらおう!!

人生で最大の買い物になる人が多い我が家。

 

せっかく頑張って建てたのに、いざ住んでみるとなんだか住みにくいな・・・とならないように、色んな情報を取り入れて自ら調べる事も大事です。

 

施工会社に任せきりにすると、肝心な所で自分の意向と違う場面が出てくるかもしれません。

 

高い買い物をするんだから、遠慮なんてする必要はありません。

 

分からない事は根ほり葉ほり聞き出して、自分の要望をどんどん伝える事が大事だなと感じました。

 

ただ相手も人間です、いい方には気を付けましょうね!

 

あと大工さんをよいしょしておいて損はありません。

 

休みの度に差し入れなどして仲良くしておくと細かい要望にも答えてくれるようになります。

 

自分の希望に叶ったいいお家ができることをお祈りしています。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

このブログがGOOD(σ´∀`)σと思われた方は読者登録をお願いします!!

 

ブログランキングに参加しています(*^ω^*)

応援してくれるとすごく喜びます!!


一戸建てランキング

いつも最後までご覧いただきましてありがとうございます。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブログを更新しました!

ブロトピ:はてなブログの更新報告♪

ブロトピ:ブログを更新しました。見て見て♪(ブロトピver.)

ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!