毒親に育てられ虐待され続けていた兄弟の話(第四話)

前回のお話はこちら

www.rococoro.xyz

 

前回の続きより・・・

 

もう随分過去の事になるし、記憶にフタをしてしまっているのだろう。

 

時期は定かではないが、私が中学生に上がるか上がらないかの頃だったと思う。

 

一つ下の弟が小学校高学年の頃から、こんな環境だからか万引きを繰り返す様になった。

 

育ち盛りなのに何も食べれない上に、虐待などのストレスからだろう。

 

そのうち警察に保護される様になり、警察が出現するようになってからか暴力という虐待はすごく減ったと思う。

 

その代わりではないが違う虐待が始まった。

 

今でも思い出すと吐きそうになるのだが、ありのままを書こうと思う。

 

 

ある日寝ていると、布団に父親が入ってきた。

 

最初は殴られる!っと身構えていたのだが様子が違う。

 

モソモソと身体中を触られ始めたのだ。

 

まだ12歳か13歳だ。

 

最初は何が起こったのかが理解できないでいた。

 

抵抗しない事をいいことに体中をベタベタと触られる。

 

「何をしているんだ!?」

 

最初は本当にそんな感じだった。

 

まさか自分が性の捌け口にされるなんて思ってもいない事だ。

 

抵抗しないというよりも、何が起こっているか解らず動けなかった。

 

 

回数を重ねるうちに行動がエスカレートしていく父親。

 

暴力の虐待が少なくなった代わりに性的虐待が始まったのである。

 

小学校低学年の頃から、暴力という恐怖の支配に置かれているので反抗など出来る訳がなく、されるがままだった。

 

ただただ気持ち悪い。

 

今まで身内以外誰にも言ってこなかったけれど、私の処女はこのクソ父親に奪われた。

 

痛いとかそういう感情もなく、毎日毎日されるがままだった。

 

次第に

「私がこの行為を我慢すれば、暴力は少なくなる。」

「私さえ我慢すれば・・・」

という感情が起きて反抗も出来ずにいた。

 

もうこの頃には、3兄妹とも精神などとっくに破壊されていたのだろう。

 

家では虐待され、学校ではイジメられる毎日。

 

周囲からも異質な存在で見られ、白い目で見られる毎日。

 

弟はグレにグレ、手が付けられない状態まで荒んでいた。

 

私は学校では平然を装っていたけど、周りの同級生が、異性・ジャニーズ・芸能人・TVなどの話で盛り上がってる中、何も感じずただただ淡々と毎日を繰り返していた。

 

誰にも相談出来ず過ぎていく日々。

 

中学生の頃の写真を見ると、どの写真も全く笑っておらず、形は人間だけど中身がまるで入っていないかのようだ。

 

事実、性的虐待をされるようになってからの記憶はほとんどない。

 

自分が何組だったかとか、同級生に誰がいたかとか、担任の先生が誰だったかとかほとんど覚えていない。

 

何をして過ごしていたかすらほとんど覚えていない。

 

覚えていることは、毎日性的虐待をされ、弟がグレて酷い状況だった・・・と言う事ぐらいだ。

 

しかし、そんな生活もある事がきっかけで大きく変わる事になる。

 

続く・・・

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

これまでのお話

www.rococoro.xyz

www.rococoro.xyz

www.rococoro.xyz 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

読まれた方は感想やいいねボタン押していただけると嬉しいです(・▽・)

読者登録もしていただけると喜びます✩.*˚

 

ブログランキングに参加しています(*^ω^*)

応援してくれるとすごく喜びます!!

 


備忘録・雑記ランキング

いつも最後までご覧いただきましてありがとうございます。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブログを更新しました!

ブロトピ:はてなブログの更新報告♪

ブロトピ:ブログを更新しました。見て見て♪(ブロトピver.)

ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!