アドセンス合格をするために気を付けたい「著作権」について

ども、こんにちはこんばんは!ミィナです。

 

ブログを書いて少しでも収益を得たいと考えている場合、まず目指すところはGoogleアドセンスに合格することですね。

 

しかしこのGoogleアドセンス合格への道は、初心者の人からすればとても高い壁です。

 

当ブログもアドセンス合格するまで、この著作権には非常に苦しめられました。

 

今回は数あるGoogleアドセンス禁止コンテンツの中の著作権に特化してお届けします。

 

それではスタート★

 

目次

ブログを審査するクローラーはとても賢い

Googleアドセンスに申し込むと、クローラーというものがブログを巡回するようになります。

 

クローラーはとても賢いので、「これは著作権を侵害している」というのを一発で見抜きます。

 

アップしている記事の中に一つでも著作権侵害をしている物があればそれだけで振り落とされます。

 

クローラーが発見できなくても、人の目でも巡回されていているのでごまかしがききません。

 

普段から著作権侵害をすることはいけませんが、アドセンス審査を受ける時は特に気を付けましょう。

文章を使う場合は引用タグ+出典元を明らかにしておく

ブログを書く時に、他の方が書かれた内容を自分のブログに載せたい場合があります。

 

他の人が記事に文章として起こしているので、著作権は書いた人にあります。そのため、無断で利用すると「転載」になってしまい著作権法ひっかかります。

 

文章を使わせていただく、ということを忘れないようにしましょう。

 

他人の文章を引用する場合でも明確なルールが存在します。

f:id:mi_monsto_baka:20190514195124j:plain

主従関係が明確であること

主従関係とは自分で書いたオリジナルの文章が引用文より少ないのはダメですよ!ということです。

f:id:mi_monsto_baka:20190514200859p:plain

引用する部分は全体の1割に留めておくことが勧められています。引用する場合はオリジナル文章が引用文章より圧倒的に多い事を意識しましょう。

引用部分が他とはっきりと区別されていること

引用する文章は「これは引用文ですよ」とはっきりとわかる形で表さないといけません。

 

ブログでは主に引用タグ<blockquote>を使って他の文章と区別します。

 

 

こういうものですね! 

引用をする必要性があること

記事を書くうえで、「この文章を引用しなければ説明ができない」といった必要性があるかどうかです。

 

ブログを書く上で大切なのは、ブログを読む人にいかに伝えられるかが重要になります。その上で引用文を使って説明した方が伝わりやすい場合があります。

 

ですので、いくら引用タグを使っているからといって、記事に全く関係のない文章や画像だと著作権侵害になってしまいます。

出典元が明記されている事

出典元とは、情報を得たコンテンツ(場所)の事です。

 

ただ引用タグで囲むだけではダメなのです。出典元を明記し、さらにその情報源のコンテンツに飛べなければいけません。

 

<例>

f:id:mi_monsto_baka:20190514204006j:plain
このように、文章+引用+出典元+URLで出典元を明らかにする必要があります。

<p style="text-align: right;">引用:<a href="URL">ここに文字を入れる</a></p>

上のようなHTMLを引用文の下に入れると、右寄りの出典先を表す事が出来ます。

改変しないこと

引用元の文章を勝手に自分風にアレンジしてはいけません。なにも手を加えすありのままを載せるようにしましょう。

 

引用元の文章が長く、どうしても短くしなければいけない事もあります。その場合も元の文章の意味や趣旨が変わらないようにしけなればいけません。

画像や写真を引用する場合

ブログでよくみられるのが、俗にいう「拾い画像」の添付です。

 

検索エンジンで出てきた画像を好き勝手にブログに貼り付けていいわけではありません。

 

画像も引用文と同じく、その画像を使う必要があるのか?画像を載せる場合のルールなどがあります。

アドセンス合格までは極力拾い画像は使わない

ブログは表現するにあったってどうしても画像や写真は必要不可欠です。

 

検索で出てくる画像や写真には基本的には著作権で守られています。

 

ブログで画像や写真を使う場合は、基本的には自分で用意した物を使うのがベターでしょう。

 

どうしても!という場合は「商用利用OK」の画像や写真を使うようにします。

検索した画像を使う場合

自分で撮った写真もない、画像もない、無料のところにもしっくりくる画像がない、でも画像や写真は使いたい!という場合があるでしょう。

 

その場合は以下を守って引用します。

f:id:mi_monsto_baka:20190514210435j:plain

基本的には文章を引用する場合と同じです。

 

イメージとしてはこのような感じです。

f:id:mi_monsto_baka:20190514211119j:plain

出典:無料写真素材 写真ACより

このように、出典元を明らかにし、かつ出典元のURLに飛べるようにし、引用タグでかこみます。

 

ここまでして、始めて検索エンジンなどから拾ってきた画像を使うことができます。

 

ただ、画像に関してはここまでしても著作権で引っかかる場合がありますので、やはり拾い画像は極力使わないようにしましょう。(線引きが非常に曖昧なのです)

YouTubeの動画も要注意!!

ブログにYouTubeを載せる場合も注意が必要です。

 

YouTubeには音楽や映画・ドラマ・アニメなど沢山の動画にあふれています。

 

しかし、その動画そのものが著作者に許可なく利用されている場合があります。

 

一見公式のものだから大丈夫!と思って載せていても、実は公式と謳っている人が偽物だったりもします。

 

YouTubeにある音楽や映画・ドラマ・アニメは基本的には著作権侵害をしていると受け止め、使わないようにしましょう。

 

これはアドセンスが受かったあとでも同じです。知らずに載せてせっかく築いてきたブログが著作権侵害でアカウント停止したら悲しいですよね。

 

YouTubeは気軽に動画がUP出来る分、著作権侵害にあふれています!ブログで使われる場合は気をつけてくださいね!

著作権問題をクリアしてアドセンス合格に一歩近づきましょう!

著作権の問題をクリアしたからといってアドセンスに合格できるかと言えば答えはNOです。

 

その他にもクリアしないといけない課題はありますが、恐らくたくさんの方が著作権の所でつまづき、合格できてないと思ったので記事にすることにしました。

 

実際私も全くの無知でしたので、なんども著作権でひっかかりアドセンスに落ちました。

 

たくさんのサイトを調べて、たくさん修正して・・・すごく大変な作業でしたが頑張った先にはきちんと合格という結果が待っていました。

 

「なんでダメなんだ?」と立ち止まっている人の少しでもお役に立てればと思います!

 

 

Sponsored Links
 

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

このブログがGOOD(σ´∀`)σと思われた方は読者登録をお願いします!!

ブログランキングに参加しています(*^ω^*)

応援してくれるとすごく喜びます!!


備忘録・雑記ランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつも最後までご覧いただきましてありがとうございます。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

ブロトピ:ブログを更新しました! ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ! ブロトピ:今日のブログ更新 ブロトピ:はてなブログの更新報告♪