世間にネタを提供してくれる、ロボットYouTuberゆたぼん氏

どもこんにちはこんばんは!ミィナです。

 

現在なにかとYouTube界だけでなく世間をざわつかせているゆたぼん氏。

 

このクソ面白くない平凡な日常に、いじりがいのあるネタを世間に投下してくれているYouTuberです。

 

一応代表的な動画を貼り付けておきますね。

youtu.be

 

彼の動画をを見ると、10歳の子が語彙力は全くないですが、一見自分の意見を述べててすごいなと思います。(一見ね)

 

自分が10歳の時なんて、自分の意見を全世界に向けて発信する勇気なんてないし、そもそも自分の意見があったのかすら疑問。ひたすらバレーボールを追いかけまわしているわんぱく少女だったので、少なからずの不満はあったのでしょうが、「世の中に不満をぶちまける」という考えにはいたらなかったでしょう。

 

私に比べて、ゆたぼん氏は若干10歳にして、全世界に向けて自分の考えを言葉足らずながら発信し続けています。

 

全世界に発信する事がどれだけ怖い事かもまだ理解できていないからできる快進撃なのでしょうけどね。

 

動画で話している内容が内容の為、アンチ勢が山ほど生まれようが、ものすごく叩かれようが、めげずに動画を出し続けています。

 

新聞やテレビだけでなく、YouTube界や、ここブログ界にも彼について、同調なり批判などで話題に取り上げている人が山ほどいますよね。

 

彼が異端児には変わりないですが、今までも彼のような異端児は恐らく沢山いたでしょう。調べていると不登校をネタにしたブログやYouTubeは山のようにあります。

 

ではなぜ現在、ゆたぼん氏がここまで注目されているのか?他の不登校ネタで動画を上げている人と何が違うのか?

 

まずは10歳という若さ、そして不登校の質が他の人と違うこと、そして一番最大の事といえば、ゆたぼん氏が注目を浴びたころ、話題にあがるような、注目を集められるような大きなネタが世間にはなかった事でしょう。

 

世間に大きな話題があれば恐らくここまで世間に知られる事もなかっただろうに、素晴らしいタイミングでロボットYouTuberゆたぼん氏は世間にネタを投下したのです。

 

話題のない世の中が、視聴率や再生回数、アクセス数を稼いでくれそうな獲物をほっとくわけがありません。

 

こうして話題のない世間の為に、これからもどんどん、異端なネタをゆたぼん氏は発信していってくれることでしょう。

 

 

私が彼を「ロボットYouTuberゆたぼん氏」といっているのは、彼の動画を見ているとものすごく違和感しか感じないからです。そう感じている人もすごく多くて、コメント欄には「自分がロボットになりたくないと言いながら父親のロボットじゃん」というコメントが沢山あります。

 

彼の父親は自称心理カウンセラーです。「もっと自由に生きたくないかい?」というオフィシャルブログまであります。

ameblo.jp

父親のブログを見れば、ゆたぼん氏が動画で主張している内容と非常に酷似しています。つまりは父親がもともとゆたぼん氏が主張しているような意見を持っている人なのです。

 

10歳といえば、反抗期もまだ迎えておらず両親の考えはどこか絶対的な力をもちます。

 

ゆたぼん氏が不登校になった理由は「宿題がいやだから」だけではありません。

 

・宿題が嫌でやらなかったら、放課後宿題を強制させられた。それでもやらなかったら叩かれた。

・他の子が先生のいう事をハイハイ聞いていてロボットに見えた。自分はこうはなりたくないと感じた。

 

これはゆたぼんが本当に思っていた事でしょう。だからと言って直接ゆたぼん氏の考えが不登校に結びつくのかといえば答えはNOでしょう。

 

「宿題が嫌でやらなかったら、放課後宿題を強制させられた。それでもやらなかったら叩かれた。」というのは大阪での出来事です。彼はそこから沖縄に引っ越しをしています。

 

沖縄にはそんな先生いなかもしれないのに、それでも彼は「学校へ行く」という選択をしませんでした。

 

「学校に行かなくても学ぶことはできる、自由に生きればいい」という父親の言葉がなければ彼は不登校にならなかったでしょう。それだけ父親の存在というのは大きいのです。

 

彼の動画で「ゆたぼんはカンペをみているのか検証」というものがあります。

youtu.be

確かに彼はカンペを見ず、スラスラ自分の意見を述べているように見えます。

 

ですが家庭内で常に「学校に行かなくてもいい、自由にいきる」的な話題をしていたらどうでしょうか?彼の脳内に「学校にいかなくていい」という思考が刷り込まれ、それが当然のように洗脳されていれば、カンペがなくても父親が思っている意見を述べれるようになるはずです。

 

彼はすっかり父親に洗脳されてしまっているのです。

 

そんなところから、彼の動画を見ていても違和感しかなく、まるで父親のロボットのように見えてしまうのです。

 

ゆたぼん氏が意見を主張している意外の動画(公園で遊んでいる動画など)は本当にあどけない10歳の動画です。それが主張動画になると一気に父親洗脳脳に変化してしまうのです。

 

遊んでいる時はかわいらしい10歳の男の子なのに、父親の曲がった思考のせいで世間から批判の的になってしまっているゆたぼん氏はある意味被害者なのかもしれません。

 

この父親は将来自分のようになってほしいと考えているのでしょうけど、それが上手くいかなかった時、「学校に通わせていなかった」という責任をとれるんでしょうかね?

 

話題が過ぎ去り、世も忘れ去ってしまえば、ただ「学校に行くな」という変な主張をしたイチYouTuberで終わってしまうというのに。話題にされなくなっても、動画は一生世の中に残ってしまうのに。

 

まぁ、この記事を書いている当の私は、ロボットYouTuberゆたぼん氏をネタにして記事を書いているだけなので、彼の将来がどうなろうと興味はありませんが。

 

当分の間は、世間にこれからも話題にできるようなネタを投下し続けてくれる事でしょう、期待していますゆたぼん氏。

 

 

Sponsored Links
 

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

このブログがGOOD(σ´∀`)σと思われた方は読者登録をお願いします!!

ブログランキングに参加しています(*^ω^*)

応援してくれるとすごく喜びます!!


備忘録・雑記ランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつも最後までご覧いただきましてありがとうございます。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

ブロトピ:ブログを更新しました! ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ! ブロトピ:今日のブログ更新 ブロトピ:はてなブログの更新報告♪